理学療法士を辞めたい、向いていない、転職を考えたい方へ

理学療法士

理学療法士を志してから何年も勉強と実習を続け、ようやく資格を手にしたはずなのに、「理学療法士を辞めたい」「私には向いていないのでは」と悩んでしまうことがあるでしょう。しかし、安易に辞めるのはもったいないものです。転職する前に熟慮したい事柄を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

理学療法士を辞めたい理由とは?

女性

最初に、自分自身の気持ちを詳しく分析する必要があります。仕事を辞めたい理由をいくつか紹介しますので、どれに該当しているのかチェックしてみてください。

ストレス

どんな仕事でも多かれ少なかれストレスはありますが、ストレスが大きすぎ、もう耐えられないと感じている方もいらっしゃるでしょう。強いストレスを感じると、仕事に行く時間になると腹痛や下痢が起こったり、玄関から動けなくなったりすることがあります。また、食欲不振や不眠などの身体症状が出ることもあるでしょう。ストレスを感じていることを自覚しているならば、何にストレスの原因があるのか踏み込んで探ってみてください。満員電車に乗るのがつらい、職場の雰囲気が悪いのがつらいなど、具体的な理由を明らかにしていきます。

仕事量

理学療法士のスタッフが少ないのに患者さんが多い職場に勤めているとき、あるいは、理学療法士としての仕事だけでなく、さまざまな仕事を任せられる職場に勤めている場合なら、仕事量の多さが辞めたいという思いにつながることがあるでしょう。仕事量に原因があるときは、職場を変えることで問題を解決することができます。理学療法士が多く在籍している大規模病院や大規模施設ならば、スタッフ一人にかかる仕事量が調整され、また、理学療法士以外の仕事に従事することも少ないでしょう。

人間関係

理学療法士は患者さんと接する仕事ですが、職場のスタッフと過ごす時間も長いため、人間関係に問題がある場合は仕事に行く気力をなくしてしまいます。いつも誰かが陰でこそこそと悪口を言うような職場、また、上司が横暴でパワハラ・セクハラが横行している職場なら、仕事を辞めたいと感じるのは当然といえるでしょう。転職して人間関係をリセットしてみるのも良いかもしれません。

理学療法士を辞めたいと思った時の選択肢

理学療法士の働いている場所

理学療法士を辞めたいと思ったときに検討できる選択肢を紹介します。それぞれのメリットとデメリットも解説しますので、ご自身にどの選択肢が合っているのか考えてみてください。

今の職場で頑張る

辞めたいと思う気持ちと、転職活動をすることや転職先の業務スタイルに慣れていくことを比較してみましょう。「辞めたいけれど、新しい職場に馴染んでいくほうが大変」と判断するならば、今の職場で頑張ってみてはいかがでしょうか。人間関係に問題がある場合でも、今の状況が永遠に続くわけではありません。長く職場にいることで、居心地が良くなることもあるでしょう。

他の医療機関へ転職

「これ以上、今の職場にいたくない」という決意が揺るがないのであれば、他の医療機関への転職を検討できます。人間関係や仕事量など、何が問題なのかを明らかにして、次の職場を選ぶ際に活かしましょう。

医療機関以外への転職

理学療法士の職場は医療機関だけではありません。福祉施設も理学療法士の求人は多数あります。平日に休日をとるなど、医療機関よりもフレキシブルな働き方が可能です。医療機関での働き方が合わないと感じる方や、高齢者のリハビリテーションに興味のある方は、福祉施設への転職を検討してみましょう。

理学療法士として活躍できる職場とは?

理学療法士の仕事の様子

理学療法士の職場は、主に医療機関と福祉施設、地域包括支援センターの3つです。それぞれの特徴について見ていきましょう。

医療施設

患者さんの年齢層や疾病、症状の幅が広い医療施設では、理学療法士としての知識や経験を深めるためには適した職場です。また、リハビリ室の中に何人もの理学療法士がいるため、先輩たちの仕事から学べるという点も医療施設で働くメリットといえるでしょう。

福祉施設

福祉施設では、基本的に患者さんは高齢者のみですが、様々な疾病を合併している方も多く、リハビリテーションも複雑になります。その分、今までの経験を活かすことができ、理学療法士としてのスキルアップに適した職場といえるでしょう。

福祉施設では日常生活に寄り添ってリハビリテーションを行うため、より患者さんのバックグラウンドや生活を反映したプランを組めます。また、正職員だけでなくパートの求人も多く、自分に合った働き方ができる点も福祉施設の特徴です。

地域包括支援センター

地域に暮らす高齢者が健康な生活を維持するための地域包括支援センターで働く理学療法士も少なくありません。自分らしい生活を可能にするために必要なリハビリテーションだけでなく、介護予防を目的とするリハビリテーションも実施します。福祉施設よりは求人募集は少ないですが、常勤だけでなくパートなどの非常勤の働き方も可能です。

理学療法士の求人を探す際、チェックすべきポイント

職場を探している女性

満足できる職場を見つけるために、求人を探す際のチェックポイントを紹介します。

チェックすべき基本ポイント

お金がすべてではありませんが、仕事量に給与が見合っているなら高い満足度を得やすいでしょう。給与や手当について、必ず確認するようにしてください。また、休日の取り方についても確認しておく必要があります。その他にも、育児休暇制度や子供がある程度大きくなるまでの時短勤務制度、スポーツクラブや保養施設などの福利厚生についてもチェックしましょう。

その他注意すべき点

スキルアップのためにも、資格取得に対する補助金制度やセミナー参加支援なども確認しておきます。また、通勤しやすさも重要なポイントです。気になる職場には必ず実際に出かけ、ドアツードアで何分くらいかかるのか、混みやすい路線価をチェックしておきましょう。

まとめ

理学療法士

理学療法士はニーズの高い仕事のため、転職先を見つけること自体は難しくありません。しかし、転職先が自分に合わないときは、また転職活動を一から始めることになります。長く働ける職場を見つけるためにも、紹介したチェックポイントを参考に、満足度の高い職場を選んでいきましょう。

関連記事
関連求人 Relation